足を細くする方法。美脚を目指して足痩せに挑戦。 太もも 足首 ふくらはぎ

足痩せへの道

  • HOME »
  • 足痩せへの道

足痩せとは

ashiyase01

「足を細くしたい」って考えたときにまず思いつくのは、

「とりあえず細くなればいい」

って思いがちですが、必ずしもそうではありませんよね。

大事なのはバランスとメリハリです。

身体でもバスト、ウエスト、ヒップというようなメリハリや身長とのバランスが大切ですよね。

同様のことが足にも言えます。

脚もメリハリのある美しいラインがあってこその美脚です。

細ければそれだけでいいというものではありません。

では美脚とはどんな足のことを言うのでしょうか。

美脚の定義

「そもそも美脚ってなに?」

って考えたことはありますか?

ashiyase03

私もいろいろと調べましたが、完全にこれだっていう定義はないようです。

一般的には正面から見たときに、両方の太ももと両膝、ふくらはぎと足首の4箇所がくっつく足が美脚とされています。
(ただ、最近では「サイギャップ(太ももの隙間)」という言葉が出てきて、両脚をそろえて立っても、太ももが付かないほど痩せた脚が良いとされる風潮もあるようです。)

ただ、おそらくはこんな感じっていうのを集めてみました。

美脚の定義

  • まっすぐである
  • むくんでいない
  • 細いんだけど、筋肉がついて引き締まっている(ガリガリの棒脚でない)
  • メリハリのある曲線がある
  • 足首の引き締まっている
  • 膝がキレイ
  • 肌がキレイ(むだ毛の処理や毛穴などのスキンケアができている)
  • ヒップがキュッと上がっている。

こんな感じだと思います。

これを踏まえて私も200人弱の友だちや知り合いに直接聞いてみました。

質問は、

「美脚と聞いてどんな足を思い浮かべますか?」

と聞きました。

答えは以下のとおりです。

  1. ムダ毛のない脚(85%)
  2. まっすぐな脚(71%)
  3. ほどよく肉付きのある脚(66%)
  4. 長い脚(58%)
  5. メリハリのある脚(49%)
  6. 細い脚(23%)

驚くほどに細い足っていうのが少ないですね。

「細くなくていいの?」って聞くと、

太めでも足のキレイな人は多いっていう意見が多くありました。

ただこれは、ほとんど女性に聞いています。
(男女比が定かじゃなくてスミマセン。男5%:女95%くらいだと思います。)

男性は女性の細い足に魅力を感じる人も多いような気がしますので、男性の比率があがれば結果は少し変わるかもしれません。

それでも細ければいいというものではないという結果は変わらないと思います。

美脚の黄金比

ashiyase02

細いのもイマイチで、太いのはイヤってなった場合、

「じゃあどのくらいがベストなの?」

ってなりますよね。

これはいろんな本やサイトでも紹介されているので、知っている人も多いかもしれませんが、黄金比というものがあります。

自分の身長に対してこのくらいがいいっていう比率です。

それは次の計算で分かります。

太もも = 身長 × 0.3
ふくらはぎ = 身長 × 0.2
足首 = 身長 × 0.12
足の長さ = 身長 × 0.47

例として身長が160cmの人は、

太もも:48cm
ふくらはぎ:32cm
足首:19.2cm
足の長さ:75.2cm

ということになります。

さっそくご自身のサイズを測ってみたくなりませんか。

さらに、長さのバランスも
膝からかかとまで:股から膝まで=5:3

という比率があります。

例えば足の長さ(股からかかとまで)が80cmの人の場合、

膝からかかとまでが、50cm
股から膝が、30cm

ということになります。

前述しましたが、黄金比で言うと、足の長さ = 身長 × 0.47ですので、足の長さが80cmの人は身長が約170cmの人ですね。

160cmの人で計算してみると、

160×0.17=75.2cm(足の長さ )
75.2÷8×5=47cm(膝からかかとまで)
75.2÷8×3=28.2cm(股から膝まで)

となります。

まとめ

結構たくさん書いてしまいましたが、私が思うのは次のことです。

足痩せは実践してから、すぐに結果の現れる表れる人もいるでしょう。

でも、多くの人は日々努力して一定の期間をかけて実現しています。

焦らず地道に美脚の定義に当てはまるように、黄金比に近づくように努力してはいかがでしょうか。

PAGETOP
Copyright © 足を細くする方法 All Rights Reserved.