中国で昔から行われてきた、民間療法の流れをくむ美容法「かっさ」はご存知ですか?

日本でも流行った時期があるので、ご存じの方も多いかもしれません。

この「かっさ」は長年行われているだけあって効果はかなり期待できるようです。

感じで書くと「刮沙」と書きます。

これには意味がちゃんとあって、「刮」という字には「こする」、「沙」という字には「血液の解毒」という意味があるんですよ。

本来のかっさマッサージでは「かっさ板」と呼ばれる丸みをおびた石を使ってマッサージします。

でも、なかなか購入してまでって言う方にはいい代用品があります。

それは「レンゲ」。

そうです。

あのスープを飲むときに使うレンゲです。

かっさマッサージ

柔らかいプラスチック製のものよりも、陶器のものがいいです。

ダイソーにも売ってますからお手軽です。

お風呂に入っている時にやると血行も良くなっている時だし、泡を使うとなめらかにこすることができます。

リンパに沿ってレンゲを滑らすだけで、お手軽かっさマッサージ。

気になった方は是非試してみてくださいね。